登山ブーム去りし今こそGO!初心者の楽しみ方

一時期、「山ガール」という言葉が流行っていたことをご存知ですか?色とりどりのウェアが山々を鮮やかに染め、女性向け登山誌も刊行されていました。
一見、一過性のファッションが席巻したかのようですが、登山の魅力はそれだけはありません。
体力作り以外にも色々な楽しみ方があるんですよ。
まずひとつは、昼食を楽しむ事です。
山頂へ到達した際の達成感とご褒美のような昼食の組み合わせはまさに至福の時間です。
バーナーはアウトドアショップで2,000?3,000円あれば購入可能なので、寒い山頂で食べる熱々のカップラーメンですら、かなり美味しく感じてしまいます。
また、今はコンビニでもレトルトパウチの商品や洗わずに済む野菜パックなども充実していますので、かなり彩りのよい食事が期待できるでしょう。
おやつもあると嬉しいですね。
さて、ふたつめは、都会ではなかなか体験しない「知らない人との挨拶」です。
山中では知らない人でもすれ違いの際に挨拶をします。
ちょっと危険…?いえいえ、「こんな人とすれ違ったな」と意識する事で行方不明者捜索の意味合いも兼ねているんです。
相手を守り、自分も守られているのですね。
また、「頂上までもう少しだよー!」「がんばって!!」と言われるととっても元気が湧いてきます。
大声で挨拶するのは案外気持ちがいいものですよ。
体力のみならずおなかも心も満たしてくれる登山。
安全に楽しみたいですね。

頂点を極める喜びを分かち合う!登山の楽しさと基本を学ぶ

2016年8月に新たに「山の日」という国民の祝日が設定されたように、登山は近年日本で楽しむ人気レジャーの1つとなっています。
きれいな空気と自然色豊かな風景を楽しみつつひたすら上を目指して山道を登り続け、やがて頂上に達した時は他のどのレジャーにも勝るとも劣らない爽快感を味わうことができます。
山登りは日頃運動をする機会があまりない、いわゆる運動不足の人でも楽しめるものであり、最初は自分の体力でも登れるような山の登頂を目指し、ある程度慣れてきたら徐々に難易度の高い山に登ってみる、といった楽しみ方もできます。
一方で、登山には何かと危険もつきまとうもの。
安心して山登りを楽しむための注意事項を見ていきましょう。
まずは山の環境に関してですが、基本的に天候が変わりやすいので、万が一に備えて雨ガッパなどの雨具は常備しておくのがベストです。
また、木や枝が多いので不用意なケガを避けるためにも帽子の着用や肌の露出を極力避けた服装を心がけた方が良いです。
山登りの前に自身の体調も気をつけておくべきです。
あらかじめ十分な睡眠、しっかりした食事をとるなど万全な体調を整えておかないと、途中リタイアという憂き目にあう可能性もあります。
そして、当然のことながら環境保全が第一なので、余計なゴミは全て持ち帰らなければなりません。
他人に迷惑をかけずに登山というレジャーを楽しみましょう。

check

マンション投資のコンサルティングシステム。

マンション投資

不動産を有効活用したいというお悩みを相談できます。

不動産担保ローンについて相談

最終更新日:2017/8/10


Copyright (C) 2015 Go Climb. All rights reserved.